口

矯正治療を行なう前に

歯列矯正の治療を受ける際は、慎重に矯正歯科選びを行なうことが大事です。まずは、体験者に意見を聞いて、いろいろな歯科医院を比較してみましょう。取り扱っている治療法やその効果、費用などを見比べて自分に合った歯科医院を選ぶことです。

READ MORE
歯

部分矯正ってどんな治療?

歯列矯正治療を検討している方の中には、部分的に歯並びを良くしたいという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、部分矯正です。富山県の矯正歯科では、簡単に済ませられることで部分矯正の治療が評判を集めています。また、器具を装着する箇所が少ないので、痛みもあまりないですし、費用も安く抑えることができます。

READ MORE
歯型

舌側矯正について

歯列矯正というと、歯に器具を装着して治療を行なうため、人目につきやすいことが難点です。しかし、舌側矯正という治療法だと、歯の裏側に器具を装着するため周囲に気づかれずに歯列矯正を行なうことができます。歯列矯正を受けたいけど器具が目立つことが嫌だという方は、ぜひ舌側矯正を受けてみるといいでしょう。

READ MORE
治療

矯正治療にかかる費用

歯列矯正を行なうには、百万単位のお金がかかります。そのような大金を支払うのは、簡単なことではありません。そのため、矯正歯科で行なわれている治療には、医療費控除制度が適用されるのです。必要な書類を書いて税務署に提出すれば、ほとんどの場合医療費控除が受けられるので、費用の負担を軽減することができます。

READ MORE

矯正治療にかかる費用

治療

歯列矯正の費用相場

歯列矯正の治療にかかる費用は、使用する器具や治療方法によって異なります。最も一般的な歯の表面にブラケットとワイヤーという器具を装着する方法だと、だいたい80万〜95万ほどの費用がかかります。また、裏側矯正やハーフリンガル矯正などといった特殊な治療法は、この1.2倍〜1.5倍ほどの費用がかかりますので把握しておきましょう。

治療費が控除になる場合も

矯正歯科で行なわれている治療は、申請すれば費用を控除してもらうことができます。控除の対象となるのは、年間の治療費が10万以上を超えた場合のみとなっています。また、控除されるのは治療にかかる費用だけではなく、検査や器具の調整などにかかる費用や、場合によっては交通費なども申請することができるのです。

控除の対象外になるのは?

矯正歯科で行なわれている治療は、ほとんどが費用を控除してもらうことが可能です。しかし、見た目を美しくするためだけに歯列矯正の治療を行なう場合は、費用控除の対象外になることもあるのです。治療費の控除は、健康保険から適用されるものなので、健康を管理する目的じゃないと受けるのは難しいといえるでしょう。しかし、このようなケースは稀なので、ほとんどの人が治療費を控除してもらえます。

治療費の控除を申請するときの手順

申請の準備をする

矯正歯科で受けた治療費控除の申請をする際は、確定申告の時期に行なうといいでしょう。まず、申請の手続きに必要な書類を準備することから始めます。治療の明細、交通機関の領収書、確定申告書A様式、マイナンバーの本人確認書類などを手元に用意しておきましょう。

治療費の明細書を作る

次に、矯正歯科で受けた治療費の明細書を作っていきます。明細書に記入する前に、矯正歯科で受け取った領収書の合計を出しておくといいでしょう。そうすることで、一つ一つ記入しなくても済むので楽に作成できます。また、治療費と一緒に交通費も記入しておくといいです。

申告書を作る

源泉徴収票を確認しながら、自身の年収や支払っている所得税の額などを確定申告書A様式に記入していきます。源泉徴収は、勤め先の職場のほうでもらうことができますので、それを見て金額を記入するといいでしょう。また、そのほかに治療費の控除額を記載するのも忘れないことです。

書類を提出する

治療費の明細書と確定申告書A様式の記入が完了したら、これらの書類を税務署に提出します。提出する際は、直接持ち込むか郵送、またはオンラインから提出する方法のいずれかを選ぶことができます。また、治療費の領収書や源泉徴収、マイナンバーの本人確認書類も一緒に提出することを忘れないようにしましょう。

還付金を受け取る

書類を提出してから、約1ヶ月〜1ヶ月半後くらいに還付金を受け取ることができます。電子申告を利用すると、約3週間ほどで手続きが完了するので、少し早めに受け取ることが可能です。還付金を受け取るには、銀行や郵便局の窓口で直接受け取るか、銀行口座に振込してもらう方法の二つがあります。いずれかお好きな方法を選んで、還付金を受け取るといいでしょう。

費用の負担を抑えよう

矯正歯科で行なわれている歯列矯正の治療は、高い金額が発生することが多いです。費用の負担を少しでも軽減するために、控除制度について詳しく理解しておくといいでしょう。まずは、医師に相談して自分に合った治療法を見つけてもらうことが大事です。