口

矯正治療を行なう前に

歯列矯正の治療を受ける際は、慎重に矯正歯科選びを行なうことが大事です。まずは、体験者に意見を聞いて、いろいろな歯科医院を比較してみましょう。取り扱っている治療法やその効果、費用などを見比べて自分に合った歯科医院を選ぶことです。

READ MORE
歯

部分矯正ってどんな治療?

歯列矯正治療を検討している方の中には、部分的に歯並びを良くしたいという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、部分矯正です。富山県の矯正歯科では、簡単に済ませられることで部分矯正の治療が評判を集めています。また、器具を装着する箇所が少ないので、痛みもあまりないですし、費用も安く抑えることができます。

READ MORE
歯型

舌側矯正について

歯列矯正というと、歯に器具を装着して治療を行なうため、人目につきやすいことが難点です。しかし、舌側矯正という治療法だと、歯の裏側に器具を装着するため周囲に気づかれずに歯列矯正を行なうことができます。歯列矯正を受けたいけど器具が目立つことが嫌だという方は、ぜひ舌側矯正を受けてみるといいでしょう。

READ MORE
治療

矯正治療にかかる費用

歯列矯正を行なうには、百万単位のお金がかかります。そのような大金を支払うのは、簡単なことではありません。そのため、矯正歯科で行なわれている治療には、医療費控除制度が適用されるのです。必要な書類を書いて税務署に提出すれば、ほとんどの場合医療費控除が受けられるので、費用の負担を軽減することができます。

READ MORE

部分矯正ってどんな治療?

歯

部分矯正とは

部分矯正とは、一部分だけの歯並びを整える歯列矯正治療です。富山県の矯正歯科では、特に簡単にできる前歯矯正が評判を集めています。部分的に治療を行なうので、費用を安く済ませることができるほか、全体矯正に比べて痛みが少ないこともメリットです。

部分矯正のメリット

部分矯正の治療には、様々なメリットがあります。まず、全体矯正のように器具を設置する箇所が少ないので、歯へのダメージが少ないことが挙げられます。また、治療する箇所によっては、器具も目立ちにくくなるので人目を気にしなくても平気です。

部分矯正で治療できないケース

歯の状態によっては、部分矯正ができないケースもあります。主に、上下の歯が大きくズレている場合や、前歯の凹凸具合がひどい場合、骨格自体に問題がある場合などは、部分矯正治療はおすすめできません。また、全体的に歯並びを綺麗にしたい場合も、部分矯正では理想に近づけるのは難しいでしょう。

部分矯正の治療の大まかな流れ

矯正器具を付ける

まず、歯と歯の間に矯正器具のワイヤーを付けていきます。ワイヤーを付けるのは、虫歯で根元部分しか残っていない歯の両サイドです。取れないようにしっかりと装着していきます。

ゴムで引っ張る

矯正器具にフック状のワイヤーを付け、根元部分しか残っていない歯に装着します。フック状のワイヤーはゴムになっており、伸縮性が高いので根元部分しかない歯を上に引っ張り出すことができます。

外科処置を行なう

器具を装着してからだいたい1〜3ヶ月くらい経つと、フック状のワイヤーで引っ張った歯が上に出てきます。歯肉の部分まで出てきたら、根元周辺の歯肉と歯槽骨を整えていきます。そうすることで、歯の位置がきちんと定着するので、元に戻る心配がありません。

回復を待つ

歯肉と歯槽骨の外科処置治療が完了したら、安定するまでしばらく待ちます。治療を行なってからだいたい2〜3ヶ月経つと、歯肉の状態が回復してくるでしょう。それまでは、安静に過ごすことが大切です。

補綴物を詰める

外科処置治療を行なった歯肉の状態が安定してきたら、最後に補綴物を詰めていきます。補綴物を詰めることで、自然体で美しい歯に見せることができるでしょう。補綴物が綺麗に入ったら、治療は全て完了となります。

歯の負担を減らしたいなら

矯正器具を装着すると、歯肉や歯への負担が大きくなってしまいます。そのため、一部分だけ歯並びを整えたいという場合は、部分矯正をして歯への負担を減らすといいでしょう。部分矯正だと、器具を装着する箇所が少ないので歯の負担を少なくすることができますし、見た目もあまり目立たなくなります。